ライトアンカー/タムラサトル

ライトアンカー/タムラサトル

豊洲三丁目「豊洲フロント」の「江東豊洲郵便局」と「豊洲フォレシア」の「焼肉 トラジ」の間の歩行者道路にあるモニュメント「ライトアンカー」です。

設置しているのは、「豊洲フォレシア」。

ライトアンカー/タムラサトル

作者は、現代美術作家のタムラサトル氏。

ライトアンカー/タムラサトル

アンカー(錨)は巨大な船舶を係留するためにある。それゆえに重くなければならない。その重くなければならないアンカーに260個もの穴を開け軽量化した。それはアンカーの存在理由を無視あるいは破壊してしまうことだ。このアンカーはもうアンカーとしての役割は果たせない。軽くなったアンカーは陸でモニュメントとして生き残る。海中にあるべきものが陸に上がったのだから、重くあるべきものが軽くなってもいいと思う

プレートより引用
ライトアンカー/タムラサトル

制作年:2014年。
素材:産業遺構、粉体塗装。

ライトアンカー/タムラサトル

ライトアンカー/タムラサトル
江東区豊洲3丁目2

関連記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. ホテルリブマックス豊洲駅前
ページ上部へ戻る