【豊洲産業遺産遺構モニュメント】錨(イカリ)

豊洲二丁目「豊洲公園」にある【豊洲産業遺産遺構モニュメント】錨(イカリ)です。

船を一定の場所に留めておくため、鎖をつけて海底に沈めるオモリでした。爪が底に食い込むようになっています。鎖とともにモニュメントとして再利用しました。

産業遺構/豊洲2・3丁目地区まちづくり協議会 TOYOSU Project より引用

ららぽーと豊洲「マリーナキッチン」の前、海辺付近にあります。

「産業遺構モニュメント」を説明する案内板があります。

豊洲は大正後期から昭和初期にかけての埋立事業によって生まれた街です。この地域には、昭和初期に東京石川島造船所の造船工場等が立地し、日本の造船産業の発展に大きく貢献してきました。この地域の歴史を未来に受け継ぐため、豊洲二、三丁目の各所には、造船工場等で使用されていた様々な産業遺構を活用したモニュメントが設置されています。

プレートより引用

豊洲産業遺産遺構モニュメント・錨(イカリ)
江東区豊洲2丁目3

関連記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. ホテルリブマックス豊洲駅前
ページ上部へ戻る