未来型 水上バス ヒミコ(HIMIKO)

未来型 水上バス ヒミコ(HIMIKO)

豊洲二丁目「ららぽーと豊洲」のシーサイドデッキに停泊するのが未来型 水上バス 「ヒミコ(HIMIKO)」です。

「TOKYO  CRUISE(東京都観光汽船)」が運営。

未来型 水上バス ヒミコ

宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999で有名な漫画家・松本零士先生がティアドロップ(涙滴)をコンセプトにデザインしました。

未来型 水上バス ヒミコ

銀色の船体に独特の世界感が漂っています。

未来型 水上バス ヒミコ

お台場から浅草を運行し、途中「ららぽーと豊洲」に寄港しています。船内では鉄郎とメーテル、車掌さんが案内をしてくれます。

未来型 水上バス ヒミコ

乗船人数 : 約80名
座席数 : 1F=70名、後部デッキベンチ=10名
テーブル数 : 1F=10個

「ららぽーと豊洲」の「モニュメントクレーン」の下に「切符売り場」があります。

関連記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. IHIステージアラウンド東京 (IHI Stage Around Tokyo)
  2. ホテルリブマックス豊洲駅前
ページ上部へ戻る